スタンドアップパドルサーフィン
[SUP]

今話題の[スタンドアップサーフィン] [パドルサーフィン] [スタンドアップパドルボード]とも呼ばれるこのスポーツ、その名の通り最初から大きめのサーフボードに立ち専用のパドル(オール)を使い海の上を漕ぐスポーツです。 
1960年代にはハワイのワイキキのビーチボーイズで行われていたサーフィンスタイル(ビーチボーイスタイル)とも言われていますが、数年前からハワイのローカル達の間で少しずつ行なわれるようになり今ではサーフィンとならぶオーシャンスポーツの代表となりました。

SUPとは??

TED`SではオーナーのJunが2006年からこのスポーツをショップのアクティビティの一つとしてとりいれ早くからレッスンのシステムを確立し千葉エリアで最初のSUPプロショップとして多くの方にこのスポーツの楽しさを体験していただいています。

どんなシチュエーションでも楽しめてしまうのがSUP最大の魅力です  

アメリカンエクスプレスカードのCMにも出演していた世界的なウオターマンであるレイアード.ハミルトン、そしてデイブ.カラマがこのスポーツを精力的に行なう事によりハワイのトップウオターマン、そしてトッププロサーファー達がこのスタンドアップパドルサーフィンに夢中になりその波は世界中に広がり今に至ります。川や湖などサーフィンとは違うフィールドでも楽しむ事ができのがこのSUPの魅力です。ボードの上に立ちパドルを漕いでいるだけでも新鮮な感覚で時間を忘れてしまいます。またそのトレーニング効果に現在ではハリウッドのセレブ達が注目し海外の雑誌などでも川や湖、波のない場所でスタンドアップパドルに夢中になるセレブの写真が多く取り上げられています。また最初から立った状態からのスタートなので波にのるコツ、タイミングをつかんでしまえば通常の波乗りに比べても波に乗る楽しさを体験することができてしまうのもSUPの魅力です。

のんびりゆっくりとスタート出来るのが魅力、年齢、性別、体力も関係無しで楽しむ事ができます。

最初からでかい波に乗ったりするのはちょっと....という方にもこのスタンドアップパドル.サーフィンは最適です。 
波のない海、湖、そして川がこのスポーツの最高のフィールドになるからです。ボードに立って、パドルを使って漕ぎ出してみると....そのシンプルな楽しさがこのスポーツの虜にさせてくれます。まずはゆっくりとスタートし、自分のペースで上達できるのもこのスタンドアップパドル/SUPの魅力です。お子様連れの方は上達すれば家族と一緒に楽しめたり、波のない海なら沖合で釣りを楽しんだりとその遊び方は無限大、いくらでも楽しみ方があるのがこのSUP。まずはボードとパドルを手にとって水を漕ぐ事からはじめてみませんか?

上達するとサーフィンのように波に乗る事でき、上達が早いのがこのSUP最大の魅力です

このスタンドアップパドルサーフィンもともとワイキキのビーチでカヌーに乗る観光客を写真に撮るために大きめのロングボードに立って一緒に波にのることからスタートしたのがはじまりだと言われています。SUPでの波乗りは最初から立った状態で波とのタイミングをあわせて滑り出すのでサーフィン経験者でなくても数回の練習でたいていの方が波にのる楽しさを味わうことができてしまいます。SUP歴一年くらいの方ですでに波にのり楽しんでいる方達がいることからその上達は通常のサーフィンの比ではなくそれが多くの人を虜にしている理由の一つです。

※波に乗るにはサーフィンのルールをしっかりと守る必要があり、それを知る事によりこのスポーツを長い間楽しめる事につながります。 ショップでもこれらのルールをしっかりお伝えしていますので安心しておこしください。

SUPを通してより健康的で充実した
オーシャンライフを提案しています
皆様のおこしおまちしております。
阿出川潤

sup_img4.jpg
クリックすると拡大します。
sup_img1.jpgsup_img2.jpg

sup_img3.jpg

sup_img5.jpgsup_img6.jpg

sup_img8.jpg

sup_img9.jpgsup_img10.jpg

sup_img11.jpg
slide_2.jpg


ted_logo.gif

twitter.giftwitter.giffacebook.giffacebook.gifvimeo.gifvimeo.gifyou.gifyou.gifinsta.gifinsta.gif

jun1.jpg
サーフショップを経営する父と母の間に生まれ幼少のころからボディーボード、そしてサーフィンと海を中心とした生活を送る。小学高学年になるとウィンドサーフィンを始め風を受けて海上を自由自在に走れる事の魅力に取り付かれ高校を卒業と同時にウィンドサーフィンのメッカ、ハワイ.マウイ島に生活の拠点を移しウィンドサーフィン、サーフィンを中心とした生活を6年間すごす。
帰国後プロウィンドサーファーとして国内のコンテストを転戦、フリーライドでは台風やエキストリームコンディションでのライディングなどがフューチャーされ注目される存在に。
現在は1964年、父の代から続く老舗サーフショップの看板を大事にしながらSUPサーフィンの普及につとめサーフィン、カイトサーフィンなどを通して健康で充実したライフスタイルを送れる人が一人も増えたらと日々活動しています。

2013年よりpatagonia社のサーフアンバサダーとしてサポートを受けオーシャンアスリートとして毎日海に入る日々を送っています。

主な成績.活動

2014年 雑誌BLADEに見開きで掲載
2013年 雑誌NALUにて台風セッション見開きで掲載
2013年 全日本SUP選手権 4位
2012年 全日本SUP選手権 5位
2012年 Nalu SUP meet 2位
2012年 雑誌 NALUにてライフスタイルが紹介

Jun`s blog
Jun`s facebook page
patagonia Jun`s page

日々のSUPの様子を
TED`S facebook pageにてアップしています
是非”いいね”をよろしくおねがいします